HISTORY

創業1804年、
菱屋善兵衛の歴史
CONCEPT

菱屋善兵衛のモノ作りの
コンセプト
PATTERNS

菱屋善兵衛に伝わる
文様の紹介
BUSINESS PARTNER

菱屋善兵衛商品 取扱店(一部商品)

NEWS

菱屋善兵衛からのお知らせ 
 雑誌掲載情報
GALLERY

  オリジナル商品のご案内  
 お買い物はこちらから
PAYMENT・POSTAGE

お支払い・
配送(宅急便・メール便)について
交換・返品について

CONTACT

shop@hishizen.net

HISTORY

PART 1

「菱屋善兵衛」を屋号とする木野織物は、創業200年を超える老舗です。
初代は尾張国から入洛した久我中納言の供頭を務めた木野善八(1806年没)とされます。
二代目となる善兵衛は、その当時(江戸後期)「丸屋」とともに西陣の機業を二分していた
「菱屋」に入って織物業を習得、独立して菱屋善兵衛を名乗り、
1804年に現在の本社の地に創業しました。

大正初期の当社外観
その後は、二代目の次男、三代目の次男と継承されましたが、
それは主家の「菱屋」に跡取りがなかったために、木野家の長男が主家を継いだからです。
しかしいつしか主家は断絶。今は木野家がその墓所を守っています。

蔵に保管されていた当時の記録台帳

PART 2 へ

戻る


COPYRIGHT(C)2006 菱屋善兵衛 ALL RIGHTS RESERVED